探偵トーク

この劇は横浜のホストクラブ:ホンキートンクが舞台。
幼馴染の翔をNo.1にしようとサポートしていた流星。
あることから翔がホンキートンクを去り、流星自身がNo.1となる。
今度はNo.1として引っ張って行こうとするが空回り。
様々な出来事が起こり、やがて流星がホストとして覚醒するという物語。

ガキさん演じる神楽坂あゆみは、主要エピソードの絡みで私立探偵として登場。
いわゆる萌えキャラみたいな私立探偵で、ミュージカルでも無いのにキャストが歌う場面があって、ガキさんもソロパートがあるし、ガキヲタ必見の舞台って感じ。

終盤になってストーリーが二転三転するので、ネタバレを避けるとこれ以上書けないのが何とも。
でも、色々な仕掛けがあって面白かった。

私の観た回はアフタートーク付きの回で、稽古中色々演出が変わった話をしてました。
自分以外の役を選べるなら誰の役との質問にガキさんは「翼」役と答えてました。
トークショーの最後は、サイン入りチラシが当たるジャンケン大会がありましたが、当然の様に途中敗退でした。